ほっといっぷく

akatonboの日記

2012年07月

夏の研修

毎年7月に研修があって、今年は山口県でした。
初めての山口県、一度は行きたかった鍾乳洞o(^▽^)o行ってまいりましたぁ。。
まずは、研修1日目の夜。

IMG_0378

ここは、湯田温泉。
白狐が傷を癒した池を後をつけた和尚さんが、池の水が温いのに気付いて掘り当てたと伝えられる白狐の湯。
あちこちに足湯があって、なんと源泉が72度って・・・熱すぎぃ。。でも狐さんが可愛かった。
2日目の夜は、お土産を買いにぶらっと酒屋さんへ(^┰^;)ゞ 結構喜ばれますの・・・ハイ!
その酒屋さんの隣に、30歳で亡くなった叙情詩人「中原中也記念館」がありまして、見学してまいりました。
一つ気に入ったのがありましたのでご紹介します。

月夜の浜

月夜の晩に、ボタンが一つ
波打際に、落ちてゐた。


それを拾つて、役立てようと
僕は思つたわけでもないが
なぜだかそれを捨てるに忍びず
僕はそれを、袂〈(たもと)〉に入れた。

月夜の晩に、ボタンが一つ
波打際に、落ちてゐた。

それを拾つて、役立てようと
僕は思つたわけでもないが
   月に向つてそれは抛〈(ほう)〉れず
   浪に向つてそれは抛れず
僕はそれを、袂に入れた。

月夜の晩に、拾つたボタンは
指先に沁〈し〉み、心に沁みた。

月夜の晩に、拾つたボタンは
どうしてそれが、捨てられようか?

そして最終日は、「おいでませ山口へ」。
秋吉台は、3億年、この一帯が海だったと言われる日本一広大なカルスト台地。
とっても暑かったんですけど、この広大な景色の中にいると、なんとも人の悩み事などちっぽけなものかと思えて、清々しい気分になれるものですね。

IMG_0389

秋芳洞は東洋一だと言われている鍾乳洞の入口、既にひんやりと涼しいです。

IMG_0391

入って直ぐに、青天井と書かれた場所がありました。
何処だろうと見上げてみると、確かに洞窟の天井ですが、青天井と言うよりも私には、うろこ雲かいわし雲が広がる秋の空を見上げているような感覚でした。
写真を色々撮ったのですが、どれも上手く写ってなくて、辛うじて2枚。
黄金柱と百枚皿の一部ですが、行ってきたぞ・・・みたいな( ´∀`)

IMG_0405

IMG_0396

こんな感じです。
鍾乳洞の中は、マジ長袖が欲しくなるくらい涼しかったです。

研修の中身は、全く記していませんが、決して遊びに行ったわけではございません。
空き時間を利用しての自由行動で、2泊3日の2日間は、みっちり研修だったんですよ。

8人目の孫

natuki

7月14日  4:11  2700g
何をそんなに急いだのか?予定日よりも少し早い目に出て来ちゃいました^^;
長女の第6子で、夏玖(なつき)と命名。

なっちゃんには、心臓の4つの部屋の仕切りがありません。
異常が分かったのは、生まれる12日前です。
38週に入ったら、帝王切開の予定でした。
生後0日、生まれて直ぐにペースメーカーを埋め込みました。
翌日には、肺へ送る血液が多過ぎるので、血管を細くするオペを受けました。
そして昨日は、細い血管を広げるオペを受けました。
腎機能が低く浮腫みがあったのですが、顔の浮腫みが少しひいたそうです。
(病名が正確に聞いていないので、状況だけを書いています。)

なっちゃんのお陰で、また良い人との出会いがありました。
「天使かもしれない」てんさんのブログにお邪魔して書き込みをさせて頂きました。
最初は悲壮感で一杯だったんですが、ほんの少し希望を持つ事が出来ました。

可愛い♪♪五つの子

労働保険の年度更新ぎりぎりに提出を終えて、一息つく間もなく翌日から総会準備( ̄。 ̄;)フゥ
でもね(o^-^o) ウフッ訪問先で、こ~んな光景がV(○⌒∇⌒○) ルンルン

IMG_0330

一瞬「えっ」って、本物に見えなかった。
雛が巣立った後に、それらしくツバメのおもちゃを置いてるんだと思ったのね。
動かないし、鳴かないしね。
でも( ‥) ン?微かに動いたような・・・気のせいかぁ(ノ´▽`)ノオオッ♪生きてるよぉ。。
後方から鳴き声と同時に親鳥らしきツバメが飛んで来たので、少し離れてみた。
そしたら、巣のツバメ達が一斉に大きな口をあけて「ピーピー」と大合唱
こんなラッキーな被写体はないよね
でもさぁ近付くと親ツバメは鳴きながら離れて行っちゃうの
考えてみると、最初に本物に見えなかったのは、
雛と親の体格が然程変わらなかったからだと思う。
もう直ぐ巣立って行くんだろうなぁ「可愛い五つの子」

失意・希望・展望

目まぐるしい一週間だった。

8月に第6子の出産を控えた長女から「胎児の心臓に異常が見つかった」と電話が掛かってきたのが8日。
娘の話によると、心臓の壁が形成されていないと言う。
あと一月余り、お腹の中で成長できるかどうか。

今度は、次女から「従兄が亡くなったって、お父さんから連絡があった」と、5月の連休に危篤の連絡を受けて見舞いに行ったのが初対面の従兄。
まだ40歳になるかならないか、脳梗塞だった。
幼い頃、快活な男の子でお姑さんが手を焼いていたのを思い出す。

次女が「車で行くから」と、事務所に車を取りに来た。
事務所へ来る前に、長女のところへ行き、「お姉ちゃんに、出産は子供病院で出来るから、処置も同時に出来るし、病院の転移を勧めて来た。」と、行動派の娘が走ってくれた。

怪物と異名をとる私の勤務する団体の役員(相談役)さん。
糖尿病なので、身体は健康ではないが、心が頗る健康で、兎に角元気な85才のお爺さん。
「とうとう週に3回の人工透析を受けなあかんようになってもた。しかし、これで5年は寿命が延びるんやぞ」と、何時どんな時でも、展望を見出す事のできる凄いお方です。
勿論、現役で行政書士・社会保険労務士・宅建業ほか、毎日お仕事をされています。

私はと申しますと、悪夢の7月を邁進中。
今日は、労働保険の年度更新期限で、その期限ギリギリの提出。
それが済めば、総会準備に突入。
次の週は、2泊3日の研修で山口へ。
帰ってきたら、法人決算の総仕上げでございます。
こんな私の間抜けたドタバタが、反面教師となり、また大笑いのネタになり、誰かを癒しているかもしれない等と、大きな勘違い(?)ですかねぇ。。

花キューピット第15便

「クロコスミヤ」オレンジ色の花で検索しました。
強烈に明るい、夏色の花です (^^)

IMG_0336

こちらは、それとは対照的で素朴なお花です。
「ねじり草」と「柳花笠」道端でよく見かけるお花です。

IMG_0332IMG_0340IMG_0335

このプチプチが何とも愛らしい

そうそう、花の名前の訂正です。
前回「ヤグルマギク(?)」とご紹介したお花は「ストケシア」だそうです。

七夕

tanzakuお昼ご飯を食べに入ったお店に笹飾りが飾ってありました。
テーブルの上に、短冊と鉛筆が置いてあって、思い思いに書いた
短冊が飾られていました。
子供が書いたもの、大人が書いたもの、その中で目に止ったのが、
「魔法使いになりたい」と書いた短冊でした。
それが、子供の字ではなく大人の字で書かれていて、
真剣に「あぁ、私も魔法使いになりたいなぁ」なんてね。
ご飯を食べながら暫~く、考えてしまいました。

同じ想いをしてる人が居るんだぁ。。

花キューピット第14便

IMG_0325

今回のお花は、「桔梗」花言葉の通り清楚な花ですねぇ。。
それと、この一輪ざしお花と一緒に頂きました
この絵柄、私は天の川を連想したのですが、皆さんは何に見えますか?

IMG_0319

もう一つは、何時ものように検索の結果「ヤグルマギク(?)」に辿り着いたのですが、自信がありません
紫の花って、楚々として・・・、清楚で繊細な・・・そんなイメージですよねぇ。。
自分に無いものに惹かれると言いますが、完全に魅了されています。

一っ走り 

朝、曇り空で丁度いいやぁって、走り出したんだけど目的地に近付くにつれて大雨
行先は、こちら 日本海。えっクジラ(?)

IMG_0304

クジラではありません。鳥取砂丘の沖にある「海士島(あもうじま)」です。
島へ渡ったわけではなく、日本海を眺めに鳥取砂丘へ行って来ました。

IMG_0300

「風紋」もっとダイナミックに撮りたかったけど、何せ雨でがクッキリで、出来るだけの無いところをパチッ
砂漠にオアシス(?)みたいな大きな水溜りが出来てて驚きでした。

tottori-006tottori-003









何やら動くもの発見(砂漠ならね)オオハサミムシでしたぁ。。
夜行性で気温が下がってきたら、餌を探しに出て来るそうですが、雨が降ってたから(?)砂の中から出て来てウロウロしてました。
花は、ハマニガナです。ハマヒルガオとかは、残念ながら付近には咲いてなかったなぁ。。
ナビに案内されて最初に車を停めた休憩所は、砂丘の一番奥の休憩所で、人出も少なく何も無い、上の写真の湿気た風紋が広がっていて、浜辺も見えないところでした。

IMG_0310

で、場所を変えて記念撮影(今回のお連れさんは、花キューピットさん)
日頃に行いが良かったのか(?)丁度この時だけ、うまい具合に雨が止んでくれてたので、後ろの砂の丘を越えて海を眺めに行く事が出来ました。
擦違った観光客の方に写真撮影を頼まれて、じゃ私たちもって事で写してもらいました。
帰りは、またもやジャンジャカ降り何とか無事に帰宅。
最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ