ほっといっぷく

akatonboの日記

花キューピット

花キューピット第6便

 如何ですか、今回の菖蒲。
 前回のに益して艶やかでしょう ^^
 で、珍しいと思って調べてみたんです。
 花菖蒲の画像(828,055件)-Yahoo!検索(画像)
 同じ色柄の物が有りませんでした。
 事務所に持って入ってきた途端、目の前がパーッと明るくなったもんねぇ。。
 「待ってましたぁ!!」って感じで、お出迎えしてしまいましたぁ^^;

IMG_0114

IMG_0117それと、マーガレット。
可愛いぃぃぃ(o^-^o) ウフッ
IMG_0119ちゃっかり、持ち帰り(^^ゞ 我が家のパソコンラックの上に鎮座してごじゃるぅぅぅ。。

花キューピット第5便

躑躅が満開になりました。
作者より「平戸躑躅です。」と、解答を頂きました。

IMG_0097

それと、「菖蒲」見事です。
艶やかですねぇ。。カメラマンの腕が悪くて、お花に申し訳ないです。

IMG_0103

 郭公 なくや五月の あやめぐさ あやめも知らぬ 恋もするかな
                       読人知らず(古今和歌集・469)

読み・・ほとどぎす なくやさつきの あやめぐさ あやめもしらぬ こいもするかな)

意味・・ほとどぎすの鳴く五月となり、家々には菖蒲が飾られている。
     私の恋はあやめ(理性)も失い、ひたすら情熱に流されるばかりである。

 注・・あやめぐさ=菖蒲。
    あやめも知らず=物事の道理もわからない。

花キューピット第4便

第4便は、オオテマリ・コテマリ・アヤメです。
オオテマリは触るとふわふわでマシュマロみたい

IMG_0090

IMG_0092

5月7日に頂いてたのに今頃の記事で少~し枯れかかってますゴメンナサイ
何時も届けてくれる友達のお母さんがブログ記事にしてる事を知っていて、土日の休みの間から「早よ持って行っちゃり」って、ヤイヤイ催促されていたそうです。
お母さんが直接ブログを閲覧する事は無いのですが、心遣いが有難いです。
何時か承諾を得てお庭やお顔を紹介できたら良いなぁと考えています。

花キューピット第3便 チューリップです(オマケ付き)

IMG_0061

色鮮やかな、見事に大きいチューリップ2種。
折角だからと名前を探してみましたが、いっぱい有り過ぎて見分けがつきません

そして、おまけ  ↓ これは自宅に持ち帰りました。

IMG_0048

お花が小粒で見えないかな?
白色は、お馴染の「雪柳」です。
葉っぱが付いる桃色が「庭梅」、花は良く目にしますが名前を初めて知りました。
節々に赤紫の花を付けているのが「花蘇芳(はなすおう)」これも初めての名前です。
どれも眺めていると凄く心が落ち着く日本的な花です。

ここで「万葉集」の歌をご紹介します。
大伴坂上郎女(おおとものさかのうえのいらつめ)が詠んだものです。
原文:不念常 日手師物乎 翼酢色之 變安寸 吾意可聞 (これでは何のことやら
よみ:思はじと、言ひてしものを、はねず色の、うつろひやすき、我が心かも
  (これでもまだまだ
意味:あなたのことは思わないようにしようと言ったはずなのに、
  はねず(庭梅)の花の色が移ろいやすいように、私の心も移ろいやすいことです。
  (うんうん

花キューピット第2便


今回は「椿」です。

IMG_0032











imageCAGE5VRX






今朝、事務所のドアを開けてビックリ!
先日頂いた水仙の花弁の先が茶色くないて、それも全部
いっぱい活け過ぎて呼吸困難になったのかも・・・。
何だか可哀そうだったけど、仕方なく処分
昨年末に頂いた「万両」は、水仙を頂くまで青々した葉っぱに真っ赤な実を付けてたのに、花瓶が無くて已む無く処分しちゃったのになぁ。。

そうこうしてたら、お昼休みに新しいお花が届いた
右の写真の様な純和風が私のイメージだったけど、ピンクの色がそう思わせるのかなぁ、兎に角葉っぱも倍位あって大きくて、凄く華やかな「椿」頂きました。
彼女曰く「お婆が椿持ってちゃりぃ」って。
そう、何時も頂くお花は彼女のお母さんがお庭に咲かせているお花なんです。
(お婆ちゃん何時もありがとうね

そして、雪柳と水仙。(置き場所考えなきゃ

IMG_0044

第1便ヽ(^◇^*)/ お花が届きましたぁ

IMG_0023


















水仙5種類です。
折角載せるのに名前を紹介しようと思ってネットで検索してみたけど、
どうも見分けがつかない
如何見ても私には同じ花の画像にに見えるのに名前が違うのよねぇ。。
花を届けてくれる彼女は「私に花の名前は訊かんといてなぁ」って
何時も逃げられるし・・・。
まぁ名前は知らないより知ってる方が良いんだけど、知らなくても
美しさは十分に感じる事は出来るしね。
ここで、香も味わって頂きたく一句
「其のにほひ桃より白し水仙花」松尾芭蕉でした。

最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ